ライター記事をFashionジャンルで読む
ライター記事をBeautyジャンルで読む
ライター記事をLifestyle & Culture ジャンルで読む

サンタがウチにやってくる/フィンランド

16 May 2012

サンタクロースの国として知られるフィンランド。毎年クリスマスシーズンには、フィンランド政府公認のサンタが国内のみならず海外にまで遠征し、世界各地の人々に夢を届ける親善大使として活躍する。

サンタさん さらに、クリスマス・イヴ当日にはフィンランド全土に無数のサンタクロースが出没する。この国では、小さな子供のいる家庭には必ずサンタが訪れることになっていて、サンタを派遣するビジネスが成り立っているのだ。 クリスマスが近づくと、新聞やタウン誌の広告欄には「サンタがお宅に伺います」といった見出しが目立つようになり、「長年の実績」とか「唄って踊れる」などの宣伝文句が並ぶ。当然ながら政府お墨付きのサンタクロースではないが、こうした民間のサンタたちもまた、フィンランドのクリスマスには欠かせない存在だ。サンタのおじさんのみならず、女性が扮するサンタのおばさんや、やけに若い学生アルバイトのサンタもいて、それぞれの任務を全うすべく氷点下の町や村を奔走するのである。

フィンランドでは、プレゼントを手渡しするのが原則。サンタは深夜に煙突から忍びこむのではなく、子供が起きている時間帯に玄関から堂々と入ってくるのだ。実際、12月24日には至る所でサンタを目撃する。車の運転中、ふと対向車に目をやるとサンタがハンドルを握っていたり、自宅の窓から雪景色を眺めていると、ふいにサンタの赤い衣装が視界を横切ったり...。日本に比べると、サンタ遭遇率は格段に高い。

私が子供の頃は、25日の朝に目覚めると枕元にプレゼントが置いてあるパターンだったので、サンタから直接プレゼントを受け取るフィンランドの子供たちが、ちょっぴり羨ましかったりする。

(情報提供バイヤー:puolikuuさん)

ザッハトルテ/ウィーン(オーストリア)

7 May 2012

ウィーン名物のザッハトルテ

最近日本でもよく知られるようになったケーキ「ザッハトルテ」。ウィーンでも街のほとんどのカフェでこのケーキを食べることができますが、そのザッハトルテの本家と言えばこのオーストリアのホテル・ザッハーです。ウィーンのザッハーホテルは街の中心のオペラ座の裏に有り、一階にあるカフェはいつも観光客でいっぱいです。このカフェは入り口には豪華なシャンデリアがあり、中も大理石のテーブルにワインレッドの壁&ソファーというとても伝統的なヨーロッパスタイルの空間で、ここでお茶をするだけでもウィーンらしい雰囲気に浸ることができます。このカフェ、私も家族や友人たちが来た時には必ず連れて行きます。そしておススメはやはり「生クリーム付きザッハートルテ」です!

ウィーンのケーキはすご~く甘いので、ケーキの横にお砂糖なしの生クリームをのせてもらうことができるんです。そしてこの味のない生クリームと一緒にケーキを食べることで、甘さがちょうど中和されて食べやすくなります。飲み物はウィーンではやはりコーヒーが主流で、とても濃くて苦いブラウナーからウィーナーメランジュ、リキュール入りのカフェ、生クリームの乗ったアインシュペンナーなどたくさんのカフェの種類があり選ぶのにも迷ってしまうほどです。余談ですが「メランジュ」というカフェ、ウィーンの人はフランス風に鼻に抜ける様な感じで「メロ~ンジュ」と発音するのですが、この発音が日本人の私には難しくて、始めの頃は通じないことが良くありました!ウィーンを旅行される方は是非ここでウィーン気分を楽しんで下さいね。

(情報提供バイヤー:☆エレナ☆さん)

イタリアのクリスマス・プレゼント

7 May 2012

カトリックの総本山ヴァチカンのお膝元イタリアにおいては、クリスマスはあくまでも宗教的なイベントであり、年に幾つもある宗教行事の中でも最大のものです。 とはいえ、11月後半にはどの町の中心の広場にも巨大なクリスマスツリーやプレゼーピオと呼ばれるキリスト降誕のシーンの模型が飾られ、通りにはイルミネーションが輝き、お店のショーウィンドーもクリスマス一色になります。

12月になると普段は休みの日曜日にもお店が開き、プレゼントを探す人々で身動きがとれないほどごったがえします。しかしおそらく日本と異なっているのは、クリスマスはこの国では家族でお祝いするものであるということでしょう。 友達同士でパーティーをしたりして騒いで過ごすのは大晦日の夜なのです。

イヴの夜は肉は食べず、魚料理を静かに食した後夜中のミサに行くのが一般的です。25日はうって変わって、肉料理を中心とした大変なご馳走になります。普段イタリア各地にばらばらに住んでいる家族や親戚たちが一同に集まり、昼間から夜まで 延々と食べ続ける大饗宴となります。

というわけでクリスマスプレゼントは家族やごく親しい人同士の交換が普通で、品物もパジャマや下着、靴下、マフラーなど身に付ける物やクリスマスにつきもののスプマンテ、パネトーネ、ハムやパスタの詰め合わせなどの食料品等実用的なものが贈られることが多いようです。下着は恋人同士でもよくプレゼントし合いますが、大晦日の夜に赤い下着を身に付けて過ごすと幸せになるとの言い伝えから、赤い下着がクリスマスにおくられます。私の友人のイタリア人はSWAROVSKIのクリスタルが大好きな彼女のお母さんに毎年ひとつずつプレゼントしています。もう20個以上ものコレクションがリビングのガラスケースの中に綺麗に並べられていました。

イタリアの定番人形「チッチョべッロ」

実用的な物が多いと書きましたが例外は子供たちへのプレゼント。これはもう何でもありです。両親、祖父母、親戚、友達などあらゆる知り合いから届きます。子供にとっては一年で最大の楽しみの日。クリスマスツリーの根元にだんだんと積み上げられていくプレゼントを25日の朝まで開けずに我慢するのは小さい子にとっては至難の業。太陽に透かして中に何が入っているか見ようとしたり、振ってみたり....。中身はやはり子供が一番喜ぶ玩具が人気で、その他本や洋服、 DVDなどです。玩具はイタリアの定番とも言えるチッチョべッロと言う名前の抱き人形、TRUDIのぬいぐるみ、LEGO、バービー人形、ディズニーキャラクターの商品、最近リヴァィヴァルヒットの忍者タートルズ関連商品が今年のTOPを締めそうです。

イタリアでも人気な数独

そして今なぜかここイタリアでも爆発的に売れているSUDOKU(日本語の数独らしい)という数字パズルや昔懐かしいルービックキューブなどレトロな玩具が今年の目玉になりそうです。蛇足ですがイタリアの子供たちも1月1日に祖父黷竦e戚の人からお年玉のような物をもらいます。一人50ユーロ(約7000円弱)位が相場ですからあちらこちら親戚まわりをすればいい稼ぎになります。そして1月6日のエピファニア(主顕 節)の日に良い子には靴下に入ったお菓子、悪い子には炭(本当は炭の形を真似た砂糖菓子)をべファーナと呼ばれる魔法使いのおばあさんからもらって、楽しかった冬休みが終わるのです。

(情報提供バイヤー:MAGDAさん)

宝石のようなチョコレート「ジャンドゥイオッティ」/トリノ(イタリア)

7 May 2012

トリノ(イタリア)のジャンドゥイオッティ

私が住んでいる街、北イタリアのトリノは、かつてイタリアが統一したときから4年間だけ首都だったことをご存知の方は少ないかもしれません。今は永遠の都と呼ば れるローマが首都ですが、ここトリノにも数々のすばらしい歴史の1ページを刻む出 来事や、今となってはおもしろいエピソードとなる話がたくさんあります。 今日はその中から、ジャンドゥイオッティという、イタリアでは最も有名なチョコ レートを紹介したいと思います。

店頭に並ぶジャンドゥイオッティ

時は遡って19世紀。まだチョコレートが飲み物だった頃、ナポレオンが大陸封鎖を行って、西ヨーロッパから輸入していたカカオが入手困難になりました。 そこでピエモンテ州(トリノを含む北イタリアの地域)で採れる、甘みがあってとびきりおいしいことで有名なヘーゼルナッツをペースト状にしてカカオと混ぜ合わせ、 現在の固形チョコレートの元祖と言われるジャンドゥイオッティができました。今まで貴族の飲み物だったチョコレートが、この革命的なジャンドゥイオッティの登場で、瞬く間にヨーロッパの大衆にも広がっていきました。

私が今回写真におさめたお店は、1897年創業以来、手作りジャンドゥイオッテ ィを作り続け、スローフード協会などからも絶賛されたA.ジョルダーノです。 今や機械生産で作られるチョコレートが多い中、職人の手作りによって作られたジャンドゥイオッティは、今まで味わったことのない美味と食感です。また金紙に包まれているそれは、宝石の様なチョコレートと呼ばれています。  来年トリノでは冬季オリンピックが開催される予定です。公式グッズの中にもこの ジャンドゥイオッティが加えられており、日本でもジャンドゥイオッティが話題・ ブームになる・・・!かもしれないと思っているのは私だけではなさそうです。

(情報提供バイヤー:YUKIKOさん)

おすすめスイーツ「ローティー・サイ・マイ」/タイ

7 May 2012

タイのローティー・サイ・マイ

オススメSWEETSとして「ローティー・サイ・マイ」を紹介します。 綿菓子のような砂糖でできた繊維状のものを適量ちぎって、添えつけのほんのり甘いクレープのような皮に包んで食べます。
このお菓子、タイのスーパーではほとんど売られていなく、市場や道端の屋台で売られている庶民派のお菓子です。皮と綿菓子のセットで一袋約60円(皮8枚入り)という驚きの価格です。

タイの屋台で売られるローティー

世界遺産でもあるアユタヤにいくと、まさにクレープのようにローティーの皮を屋台で焼いて売っているのをよくみかけることができます。このお菓子は、タイの他のお菓子と比べて甘さ控えめなので在住日本人の間では結構人気があります。

(情報提供バイヤー:ひろりんさん)
 FashionBlog から読む

お知らせ

ライターさんに是非取り上げてほしいという、オススメアイテム、紹介された商品に関連するアイテムなどを募集しております!
>投稿はこちらから

※投稿するにあたってはBuyMaでバイヤー登録を完了させてください。
>詳細はこちらから

Trend Derby 全体から読む

Official Writer Blog

小野綾子 小野綾子
世界のスパ・エステを制覇?ビューティジャーナリスト
神田恵実 神田恵実
LOHAS系スーパーファッションエディター
軍地彩弓 軍地彩弓
”アラサー”達のカリスマファッションディレクター
高野尚子 高野尚子
ネイル界のトレンドを引っ張るスーパーネイルアーティスト
渡辺いく子 渡辺いく子
OLから絶大な支持を得る超多忙カリスマスタイリスト

Global & Trendy News

バイマtoptip
海外のNew&Hotアイ テム情報を日々お届け!


バイマの注目ブランド辞典 バイマの注目ブランド辞典
「Brand-new Brand?」

バイマのIt CelebSnap! バイマ(BUYMA)-気になるセレブ愛用アイテムをチェック!