ライター記事をFashionジャンルで読む
ライター記事をBeautyジャンルで読む
ライター記事をLifestyle & Culture ジャンルで読む
Page :  1  |  2  |  3  | All pages

日本語のファッション/ウェールズ(イギリス)

30 April 2012


街を歩いていて、人とすれ違った時、んーっ?!と思わずふりむいてしまうのが、日本語ファッションに出会った時です。先日も、交差点で信号待ちしていると、「ミッフィー」のカタカナ文字が目に飛び込んできました。前に立っていた女性のバッグにデザインされていたのですね。お気に入りのようです。他にも出会った日本語デザインは「郵便局」「栄光のマシン」「TOKYO SU SHI BAR寿司棒」などなど。


なぜここに!しかも、漢字のスペル間違ってる!と、あまりにつっこみどころが多いファッションは、僕たちをあきさせません。
そして先日、ここウェールズの首都カーディフのアーケードで、とうとうあの日本語ファッションの発信源をみつけました。一見、いたって普通の洋服店ですが、はいってみるといたるところに日本語が・・・。KYOTOと 書かれたTシャツ――でも、よく見ると下部に「会員証な」の言葉が! 店長に、日本語の意味わかるのですか?と聞いてみたところ、「いやーまったくわからなねー!」との元気な回答でした。

(情報提供バイヤー:gonsukeさん)

オススメのお店「アーロン」/バングラディッシュ

28 March 2012

bangladesh9a.jpg

バングラデシュの物が買えるお店といえば、ここ!というぐらい超有名が「アーロン」です。カテゴリーとしては、百貨店の部類に入るようです。たくさん支店もあるので、国内では知らない人はいません。バングラデシュらしいお土産、工芸品、衣類を買う場合は、必ずここ「アーロン」に行きます。お薦めは、バングラデシュの手工芸品、ノクシカタ製品。ノクシ=デザイン、カタ=布。着古した洋服を布として補強し、美しい刺繍を施してベッドカバーなどに再利用する、実用的な技術です。今では、バングラデシュの工芸品として世界に広まるようになりました。

bangladesh9b.jpg

また牛がたくさんいるので、革製品も安くてかわいいのが売られています。現品限りの場合も多いので、見つけたら即買い必須! 私が自分用に買ってしまったのは、バナナの形をした小物入れ。色といい見た目といい、とってもかわいいです。お客さんとしては、現地の人ももちろん行きますが、欧米人の姿もちらほら・・・。私がいくのは、近所のダンモンディ支店。ここには、4階にグラスルート(草の根)という名前のカフェがあり、窓からは国会議事堂周辺の緑地と、大通りが一覧できます。この大通りは道路いっぱいに広がって、信号で待っているリキシャや車など、まるでマラソンレース開始前の様子に似ていて、とっても面白いです。

(情報提供バイヤー:hunhunhunさん)

ショッピングスポット"Passage du Havre"/フランス

27 March 2012

Passage du Havre

Passage du Havre (パッサージュ デュ アーブル)は、サンラ ザール駅とRERオーベール駅の間(プランタンの裏側にあります。)いろんなお店が集まっているショッピングスペースです。 Sephora,H&M,ZARA, Darjeeling, FNACなどなど、主なお店はここ で見ることができます。チョコレート専門店や、おもしろ雑貨のお店などもあって一通り見るだけでも楽しめる場所です。

中でも私のお気に入りはSephora。香水の数も沢山あって、さらにテスターも豊富なので、好きな香りを選ぶのには最高のお店です。 Sephoraはパリのあちこちありますが、ここのお店のお姉さん達は親切です。基礎化粧品などの場合、使い捨てのヘラと小さなケースが置いてあり、試供品がない場合 はテスターから少し取り、持って帰って試すという事もできてしまう!! 前に私は何も買わなかったんですけど、(学生の悲しみでお金がなかったんですね・・・。)お姉さんにビオテルムの試供品は何かありますか?と尋ねてみたら、快く旅行にも使えそう な、基礎化粧セット3点入りをくれました。あんまり買え!買え というプレッシャーをかけないお店で私は大好きです。(もちろん余裕のある時はここのSephoraでお買い物します。) 化粧品もほとんど試せるようになっていて、本当に女の子や女の人の事を考えてくれているお店だ!と思います。

それから、ここのスクエ アには値段もリーズナブルで着まわしもしやすいH&Mという洋服屋さんがあり、ここでは大きなサイズでも比較的安く、なおかつデザインもかわいらしいものが多くて見る価値があります。有名デザイナーのラガーフェルドとのコラボで昨年は限定ドレスを何点か出しました。値段もあのデザイナーの考案した物を、あの値段で!!というくらい庶民に優しいお値段でしたよ。 それとここにはお茶もできるスペースがあって、買い物だけではなくお散歩にも最適な場所だと思います。

下着ショップのダージリンは女の子が憧れちゃうようなデザインが沢山!シンプルな物から、ディティールのかわいいものまで、なんでもここで買えちゃいます。 その他にもチョコレート専門店もあり、質のとてもよいおいしいチョコレートが買えます。いろんな種類があるので、おみやげにも最適ですよ。

今回紹介した理由は、なんといっても少しずつ全部が手に入ってしまうショッピングスポットであり、なおかつお散歩も楽しめちゃう欲張りな事が出来てしまう場所だから。ここに来て、気に入ったお店が1つもない人は絶対にいないです !本当に楽しめて、人々のハートをくすぐる場所だわ。と私はいつも思っています。ここに来る人たちは年齢層も広く、カップル でも楽しめてしまう場所なので、本当にお勧めですよ。 男の人の 心をくすぐる雑貨屋さんもあるし、FNACに行けば、CDから デジカメなどなどオーディオ機器も勢ぞろい。本もあるのです。 是非ここには足を踏み入れて欲しいなと思う私です。

(情報提供バイヤー:noixnoixさん)

ローカルマーケット/ニュージーランド

27 March 2012

ニュージーランド(NZ)で一番大きな町オークランドには個性豊かなブティック、アクセサリー店、民芸品店、免税店などが点在しています。特にオークランド中心部は観光客向けのいわゆ るNZグッズ(特産品)を扱う土産物店が沢山あります。日本から遊びに来た友人に決まってお勧めするのが私のお気に入りショッピングスポット"ローカルマーケット"で す。NZはさまざまな国からの移民を受け入れている国。中でも私の住む南オークランド地区は先住民族マオリをはじめ、南太平洋諸国からやってきた「ポリネシアン」達が大勢生活している地区で、周辺では週末になると各地で文化色豊かな色々な形のマーケットが定期的に開かれています。

オークランドのローカルマーケット

各マーケットではポリネシア風情満点の民芸品やアート、アクセサリー、食べ物などが手軽に手に入るのです。 そんなローカルマーケットの中でも特に今回お気に入りのショッピングスポットとして紹介したいのはOtara Market(オタラ・ マーケット)です。天候に関わらず毎週土曜日の午前中に開かれ るこのマーケットは南オークランド地区で最も大きく活気のある ローカルマーケットです。会場のポリネシアンBGMに 包まれた雰囲気の中、各ブースをゆっくり見てまわることができ ます。お土産にお勧めなのは、まずマオリ族伝統のアクセサリー、 ボーン・カービング(動物の骨に彫刻を施したアクセサリー)や ジェイド(翡翠)やパウア(あわび)を使ったアクセサリー。もちろん全て手作りで全く同じデザインの物は手に入らない場合も あります。

カービング(彫刻)のデザインにはそれぞれ彼らの先祖から伝わる意味があって、その意味に沿って作品を選ぶとプレゼントとしてはぐっと面白いものになりそう・・。他にお勧めなのはマオリをはじめ、サモア人やトンガ人達の間でも伝統として 伝わる"Flax・フラックス"(南太平洋で大きく育つ針葉植物の 一種)を手編みして作った敷物や壁掛け、そしてとても可愛いデ ザインのFlax Bag。

リュックサックタイプの物からハンドバッグ タイプのものまで全てオリジナルデザインでお土産には喜ばれそ うな物ばかり。もちろんマーケットには日本の青空市場をしのぐ ほど沢山の新鮮な野菜や果物が山積み販売されているほか、日本のパン屋さんにかなり近い感じの台湾系ベーカリーの出張販売や、豆腐や厚揚げなども出張販売されていて、週末の食料調達にももってこいのスポットです。家族連れのお出かけスポットとしてもお勧めです。

(情報提供バイヤー:aotearoaさん)

現地で今流行っているお店/アメリカ合衆国

25 March 2012

det_img1_usa7.jpg

アメリカ東海岸一番北に位置するメイン州、そのヨーク市に本店、本社を構える Stonewall Kitchenは、手作りジャムを地元のファーマーズマーケットで売り出したのが始まりで、そのオーガニ ックの素材や味の良さで数年のうちに各地で知られるようになりました。ジャムやソース等で数々の賞を獲得したり、TVで紹介されるなど、その人気は全米で高まっています。直営店舗はニューイングランド地域に6店舗、 今秋また新しく店舗がコネチカットにオープン予定のようですが、商品は全米のグルメストアに置かれています。

数ある商品の中でも人気があるのが、地元で採れたワイルド・ブルーベリーのジャム です。栽培されたブルーベリーと違い、小粒ながら酸味と甘味がたっぷりつまっていて、そのベリーを使ったジ ャムはとっても美味でオススメです。私は食パンやスコーンにぬって食べるのがお気に入りです。
本店ではジャムやソース、マーマレードやマスタードの他、おしゃれなキッチン用品 やガーデニング用品もあり、女性には特に人気です。本店にはカフェコーナーもあり、コーヒーやサンドイッチ が楽しめます。また、ガラス張りのファクトリーもあり、製造過程が見学出来るようになっています。

(情報提供バイヤー:pupiluvさん)
Page :  1  |  2  |  3  | All pages
 FashionBlog から読む

お知らせ

ライターさんに是非取り上げてほしいという、オススメアイテム、紹介された商品に関連するアイテムなどを募集しております!
>投稿はこちらから

※投稿するにあたってはBuyMaでバイヤー登録を完了させてください。
>詳細はこちらから

Trend Derby 全体から読む

Official Writer Blog

小野綾子 小野綾子
世界のスパ・エステを制覇?ビューティジャーナリスト
神田恵実 神田恵実
LOHAS系スーパーファッションエディター
軍地彩弓 軍地彩弓
”アラサー”達のカリスマファッションディレクター
高野尚子 高野尚子
ネイル界のトレンドを引っ張るスーパーネイルアーティスト
渡辺いく子 渡辺いく子
OLから絶大な支持を得る超多忙カリスマスタイリスト

Global & Trendy News


海外のNew&Hotアイ テム情報を日々お届け!


バイマの注目ブランド辞典 バイマの注目ブランド辞典
「Brand-new Brand?」

バイマのIt CelebSnap! バイマ(BUYMA)-気になるセレブ愛用アイテムをチェック!